非正規労働の問題点

パート、アルバイト、派遣労働者などの契約不更新(雇い止め)や差別待遇の為に悩んでいる。またそんな労働環境で心身ともに病んでしまい、生活そのものが成り立たなくなってしまう。そんな労働者が増えています。

非正規労働に対する我々の取り組み

現在さまざまな業種で正規社員から、期間を定めた一時的な労働力としての非正規雇用に置き換わっています。

それに伴って、不安定な雇用に付随する劣悪な労働条件に苦しむ労働者が増えています。正規雇用と変わらない仕事をしているにも関わらず低賃金であったり、有給休暇、慶弔休暇が取れない。それらの待遇差別からのパワハラやセクハラ。突然の雇い止めや、契約更新を一方的に行わない。等々。

東京労組はそんな問題を抱えた労働者の相談を受けて、会社と交渉を行い、労働条件の改善に向けた取り組みをしています。また労働相談に付随する生活相談・健康相談・住居相談・生活保護相談その他の相談に対応するための窓口をご案内しています。

また東京労組には非正規労働者の問題を専門に活動している「非正規ユニオン」という組合も加盟していて、相談を受け付けています。

東京労組は一人でも加入できます。アルバイト、パート、契約社員、働く立場は違っても問題解決のために一人で悩まず、共にがんばりましょう。

<相談受付時間>
月・水・金:12:00~18:00
火・木:12:00~20:00
土:13:00~17:00
<電話番号>
03-5215-3044
⇒労働相談は、相談フォームからも受け付けています。
業種一覧に戻る

ページの先頭へ